白内障とは

白内障

眼は、カメラと同じような構造をしています。カメラのレンズの役目をしているのが角膜と水晶体、フィルムの役目をしているのが網膜、そして、眼で見た情報を脳に送るのが視神経で、送られてきた情報が脳に届き、ものを見ることができます。

白内障は、レンズにあたる水晶体が白く濁ることを言います。ほとんどが加齢によるものですが、外傷、紫外線、放射線、ステロイドなどの薬剤、糖尿病、アトピー性皮膚炎など、さまざまな全身の病気が原因として挙げられます。一度白くなったものは元には戻りません。まずは予防をしましょう。

<症状>
昼間、明るいところではとてもまぶしく、暗いところでは急に見にくく感じます。従って、夜の運転が怖くなります。片目で見たときに、車のライトや月の光が二重三重に見えるなどの症状も出ます。その後、視力が低下してきます。

白内障の治療

白内障治療白内障の治療には、点眼薬と手術があります。

点眼薬
点眼薬で白内障の進行を遅らせることはできますが、点眼薬をつけても白内障の進行を完全に止めることはできません。

手術
日常生活に不自由を感じるようになったら、手術を受けましょう。手術は、濁った水晶体を取り除き、新しい人工の眼内レンズに置き換えます。5分程度の手術で、翌日からよく見えるようになります。眼内レンズは、単焦点レンズ以外に、乱視用レンズ、遠近レンズなど、その方の生活環境に合わせたレンズを選ぶことができます。

白内障は、初期段階からのケアと適切な外科治療を行うことが大切です。当院では初期の進行を遅らせる治療とともに、病状が進んで外科手術を受ける必要が出てきた場合には、患者さまの眼の形や生活環境に応じて、最適な医療機関をご紹介いたします。

●白内障手術費用
・単焦点レンズ、乱視用レンズ:片眼7万円程度
 ※同じ月に両眼を手術すれば高額医療費制度が受けられます

・遠近両用レンズ:保険適応外のため片眼40万円前後
 (ただし、入院保険の先進医療に入っていれば保障されます)
 ※先進医療を実施している医療機関での手術に限り、一部レンズによって適応外レンズがあります。

最適なレンズを選択することの重要性

白内障治療白内障の手術は、水晶体を取り出して、代わりに眼内レンズを埋入する方法で行われます。この手術は、執刀医によって術式も異なりますし、使用するレンズも執刀医が選択します。

眼内レンズは国内外さまざまなメーカーが作っており、その機能や性質もそれぞれ異なります。当院では、その症状に最適なレンズの埋入を得意とする執刀医をご紹介することを心がけております。

眼内レンズは、一度埋入すれば一生使い続けることができます。逆に言えば、一度入れてしまえば、度数が合わなかったからといって入れ替えることは大変むずかしい手術になります。ですから、焦点をどこに合わせるか術前の執刀医との打ち合わせが非常に重要と言えます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください