子育ての経験があるからこその「寄り添う」治療

小児眼科少子化や核家族化が進み、保護者の方の中にはお子さまのことを相談できる相手が見つからない、といった方もいらっしゃいます。

当院の院長は、3人の子どもを育てた育児経験がございます。大きなお腹を抱えながら移動することの大変さ、成長期の子どもへの接し方など、保護者の方のご苦労はよく理解しているつもりでおります。

当院の小児眼科では、お子さまの気持ちだけでなく、保護者の方の気持ちにも寄り添って、一緒にトラブルの原因を見つけ出してまいります。心配事やお悩みを1人で抱え込まず、どうぞお気軽にご相談ください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください