小児に多い心因性の視覚障害

小児眼科特に7~12歳の女児に多いとされる「心因性視覚障害」。器質的疾患や検査の数値に異常がないにも関わらず、視力の低下や視野異常などが現れる病気です。

デリケートなお子さまの心にとっては、大人から見ればたいしたことがないと思われるようなこともストレスとなります。当院では、保護者の方との綿密な面談をとおして、お子さまのストレスの原因を探ってまいります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください