就学前に異常を発見することの大切さ

小児眼科「見る」という機能は、就学前にほぼできあがると言われています。眼に異常を抱えたまま機能ができあがってしまうと、それを矯正するのはほぼ不可能です。

たとえば、眼の機能上、片方に遠視や強度乱視などの異常があった場合はもう片方が補おうとします。つまり良い方の眼でしかものを見なくなってしまうので、異常のある眼はまったく成長することができないのです。

就学前のお子さまは「見える」「見えない」をうまく言葉で訴えられません。ですから、保護者の方には日頃からよく注意して観察していただき、保健所の検査などで数値におかしなところがあったり少しでも不安があったりするようであれば、検査を受けることをおすすめします。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください