小児屈折異常(遠視)

小児屈折異常(遠視)生まれてから小学校にあがるまでの時期が、眼が発達するとても大切な時期です。生後、光がわかる状態からものを見るという刺激で眼が発達し、就学前(3歳頃まで)に1.2の視力を獲得します。小学校2年生頃からは、もう眼の発達はほとんどありません。

この時期に強い遠視や左右差のある遠視があると、弱視となる可能性があります。子どもの世界は2メートル以内がほとんどです。遠くの景色やものをずっと見ているお子さまはほとんどいません。遠視があると、正視や近視の人に比べて近くが見にくく、そのため目に入る刺激が普通の人に比べて少なくなり、眼の発達が遅れます。

左右差のある遠視では、遠視の弱い方の眼が見やすいため、こちらのものを見る側は発達するのですが、強い方の眼が遊んでしまい、弱視となります。小学校にあがる前に、強い遠視や左右差のある遠視がないかどうかをチェックすることはとても大切です。

当院の院長は小児屈折異常について専門的に勉強してまいりました。お子さまの将来のためにも、気になる方は一度当院までお連れください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください