緑内障とは

緑内障とは正常な眼は、角膜と水晶体の間にある房水と呼ばれる液体が絶えず生成・排出されてバランスを保っています。この排出がうまくいかなくなり、房水が溜まることで必要以上に眼圧が高くなり、視神経が圧迫されてしまうと眼の機能に障害が現れます。これが緑内障です。日本の40歳以上の約5%が緑内障患者さまということがわかってきました。

原発解放隅角緑内障
隅角にある房水の排泄口の網の蓋の役目をしている繊維柱体というものが目詰まりを起こし、房水がうまく排泄されなくなって眼圧が上がるタイプの緑内障です。隅角は見かけ上開いているのに、視神経が障害されている緑内障です。この中で眼圧が正常値のものを「正常眼圧緑内障」と言い、日本人の80%以上がこの正常眼圧緑内障です。

原発閉塞隅角緑内障
房水の出口である隅角が虹彩(角膜と水晶体の間にある薄い膜)で塞がれてしまい、房水が排出しづらくなってしまうことが原因で起こる緑内障です。隅角が閉じたり開いたりを繰り返しているうちに慢性的に閉じてしまってじわじわと眼圧が上がる慢性型と、隅角が急に塞がってしまう急性型に分けられます。急性型は急性緑内障発作を生じることがあり、目の痛みや吐き気・頭痛が起きます。

発達緑内障(先天緑内障)
隅角の発育が未発達な場合に起こります。日本では約3万人に1人がかかると言われています。1歳までに約80%が発症し、先天的な原因で起こる場合もあります。高い眼圧によって眼球が拡大するため、涙が多く流れる、極端にまぶしがる、まぶたがけいれんを起こすといった症状が現れます。

続発緑内障
網膜剥離や眼の怪我、糖尿病などの全身疾患、薬剤の副作用などが原因で、眼圧が上昇して起きる緑内障です。原因となった病気や症状により治療法が異なります。しっかり原因を突き止めてから治療を行いましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください