飛蚊症とは

飛蚊症

飛蚊症とは、ものを見ているとき視界に虫のようなものが動いて見える状態で、形は、虫、糸くず、アメーバ、ゾウリムシ、雲など、さまざまな形に見えます。色も、黒く見えたり白く見えたりします。視線を動かすと、あとからゆっくり追いかけてきます。

<原因>
●至急処置が必要なのが網膜剥離です

黒墨のようなものが見えたり、黒いものが急に増えたり、光るものが見えたり、視野の一部が欠けたりします。視力が低下するなどの症状がありましたら、至急眼科を受診してください。

●眼底出血

●生理的な飛蚊症
眼球内には硝子体という水飴状のものが入っています。これが加齢や近視が進むことにより液化して水と遷移に分かれ、析出した繊維が絡まって虫のように見えます。水は出ていきますので、硝子体はしぼんできます。しぼんだ硝子体はその後ろにある網膜から剥がれ、剥がれた部分(硝子体膜)が雲のように見えます。生理的飛蚊症の治療方法はありません。

飛蚊症が起こる原因はさまざまですので、即網膜剥離が疑われるわけではありませんが、不安な方はぜひ一度来院ください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください