2015年3月18日

中心性網脈絡膜症とは

働き盛りの男性の片眼の視界の中心に歪みが生じたら、中心性網脈絡膜症が疑われます。

中心性網脈絡膜症

20~50歳の働き盛りの男性(子どもや老人にはめったに起こりません)の片眼に起こります。

<症状>
片方の眼の視界の中心が波打って見える。
     〃     暗く見える。
     〃     黄色く見える。

中心性網脈絡膜症中心性網脈絡膜症

<原因>
ストレスが原因と言われています。ストレスにより「黄斑部」という、物を見る一番大切なところにある網膜の一番外側の網膜色素上皮層という部分が傷んで、その外側にある組織から水分が網膜の中に入り込み、小さな水ぶくれを作るのが原因です。

中心性網脈絡膜症の治療
末梢循環改善薬をしばらく内服します。3か月くらいで改善します。

2015年3月17日

20年間、都筑区内の学校医を務めています

都筑区の校医

都筑区内の学校医を20年間務めています。

小学生から高校生まで、まさに成長期まっただ中のお子さまを、傍らでずっと診てきました。
普段の診療で顔見知りのお子さんも多く、学校で元気な顔を見ることができると
「ほっとした気持ち」になります。
地域のお子さまの「目の健康」にかかわる事柄を引き受けてきたという自負、
そして長年培ってきた経験値と実績が私の誇りです。

これからもずっと・・・。

お子さまの目の病気や視力に不安のある方は、遠慮なくご相談ください。


昨年末と今年の初め、学校医勤続20年で表彰されました。

一恵表彰状170327-1.jpg

一恵表彰状170327-2.jpg

2015年3月14日

親子でご来院くださる方も

長年校医として診察を続ける中での喜びとは、子どもの成長や変化を直に感じる瞬間にあるのだと思います。
中には小学校時代に診ていた子が、後々中学や高校の検診の時にすっかり青年の面持ちになって再会する、そんなケースもあるのです。
「あの小さかった子がこんなに大きくなって...」と、その時の感慨もひとしおです。

今では親子2代や3代、当時小学生だったお子さんがパパとなり、自身のお子さんと一緒に来院されることもあります。
本当に嬉しい限りです。

来院してくださるということは、信頼してくださっているということだと思います。時の流れを感じるとともに、それが私の明日に向けての希望と活力の素にもなっているのです。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください