最新機器による精密な診断 治療後の定期検診にも力を入れています

緑内障治療

緑内障は、視神経という器官に障害が起こり、少しずつ視野が欠けていく病気です。視野の欠けは両眼ともに鼻側から始まります。左右の眼でお互い補い合うため、かなり病気が進行するまで自覚症状はありません。

緑内障治療中高年に多い病気ですが、若い方やお子さまに発症することもあります。治療が遅れると失明に至ることもあるため、早期発見が大変重要です。当院では、別の症状で来院された方でも、兆候が見られる場合には必ず視野の検査を行っております。当院の最新機器を使えば、緑内障はかなりの確率で発見することができます(当院においてはその95%が別の検査に来た際に発見)。

また、緑内障で欠損した視野は元に戻りません。ですから完治を目指すのではなく、進行を止めるための治療を行います。視野が欠けてしまっても、見えるほうの眼で補ってしまうため普段の生活で不便を感じることは少ないのですが、定期的に検査を行ってケアすることが大切です。

当院の院長は、緑内障を専門に勉強してきました。都筑区ではトップと言われるほど数多くの緑内障患者さまを診てきた実績があります。安心して当院にお越しください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください