最適なレンズを選択することの重要性

白内障治療白内障の手術は、水晶体を取り出して、代わりに眼内レンズを埋入する方法で行われます。この手術は、執刀医によって術式も異なりますし、使用するレンズも執刀医が選択します。

眼内レンズは国内外さまざまなメーカーが作っており、その機能や性質もそれぞれ異なります。当院では、その症状に最適なレンズの埋入を得意とする執刀医をご紹介することを心がけております。

眼内レンズは、一度埋入すれば一生使い続けることができます。逆に言えば、一度入れてしまえば、度数が合わなかったからといって入れ替えることは大変むずかしい手術になります。ですから、焦点をどこに合わせるか術前の執刀医との打ち合わせが非常に重要と言えます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください