加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症とは

眼の中で、カメラでいうフィルムの働きをしているのが網膜です。「黄斑部」とは、網膜の中で一番重要な中心を見る部分(視力を出す部分)です。この黄斑部が傷むと視力が低下します。

加齢黄斑変性症とは、加齢によって網膜の黄斑部に、網膜より外側にある脈絡膜という部分から新生血管と呼ばれる不完全でもろい血管が伸びてきて、黄斑に腫れや出血を起こして視力の低下を招く病気です。欧米では失明原因の第1位となっています。日本における失明の原因としては糖尿病性網膜症が最も多いのですが、21世紀に入った頃からこの加齢黄斑変性症が増加しています。加齢のほかに、喫煙が関係していると言われています。

分類として、以下の2種類があります。

●滲出型
脈絡膜新生血管によって黄斑部に出血したり、新生血管がなくても網膜に水が溜まることにより視力が低下するタイプです。進行が早く、視力が急激に低下します。

●萎縮型
加齢により網膜の細胞が変性し、老廃物が蓄積して栄養不足に陥り、徐々に網膜が薄くなって(萎縮)機能が落ち、視力が低下するタイプです。

<症状>
ものの中心が歪む(変視症)、視力低下、中心暗点などの症状が出ます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください